音楽について考える

聖なる人

聖なる人は、偽聖者のように、周りに自分を聖なる人だと言わせたりしない。

聖なる人は、自らを聖なる人とは思っていない。

聖なる人にとって、聖なることなど、まったく関心外である。

聖なる人に聖者の称号を与えても、その人はとまどうだけだろう。


聖なる人は、神を語らない。

しかし神について考えることを拒みはしない。

そして最期に「わからない。ことばにできない」と言うだけだろう。


聖なる人はただそこにいる。

そこに聖なる輝きを、静かで穏やかな光を示す。


他人を否定せず、自らを否定せず、ただ生命としてその人はたたずむ。

それが聖なることなのだ。

*****

聖なる人とはどのような人なのか考えているうちに、モーツァルトのピアノ曲集を思い出しました。

私は古典派の鍵盤作品は、近代ピアノではなく、フォルテ・ピアノで演奏される方が好きなので、このCDMozart: The Complete Piano Sonatas / Ronald Brautigamを愛聴しています。今日もこのCDで豊かな時間を過ごすことができました。

私にとって、Ronald Brautigamのフォルテ・ピアノ演奏はとても大切なものです。

古典派の表現には素朴さが必要だと思いますが、彼のフォルテ・ピアノ演奏にはそれがあるように思えます。

私もこの演奏で表現されているような人間になりたい。

なれないにせよ憧れたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒリヤード・アンサンブル / オフィチウム

近代的な人間の音楽表現ともいえるベートーベンの音楽の喜びと苦悩をCDで聞いていたら、ちょっと疲れちゃった。

そこでかけたラジオからは、中世の音楽(に少しだけ現代的なアレンジを加えた)ものが聞こえてきた。

ラジオっていいね。DJの選曲が、私の偏向の暴走を是正してくれる。

近代的価値観を踏襲する現代に、中世音楽を聴くというのもいいものですよね。

近代で、人間は「できる」ということを学んだ。

政治的には近代革命を成功させ、「非人間的な扱いを許すな!」と少なくとも憤ることはできるようになった。近代以前なら、おそらくそういった憤りは一部の階級(あるいは民族・性など)にだけ許されたものであり、その他の人々がそんなことを主張しても「何言ってるのさ」と一蹴されていたのではないか。しかし近代人は政治的な力を得た(それをうまく使っているかは別にせよ)。

科学技術では、もう飛躍的に人間は「できる」ようになった。せいぜい馬車ぐらいで、自動車すらなかった時代から、私たちは月ロケットまで飛ばせる時代になった。月ロケットまでゆかなくとも、飛行機に乗ることはもはや珍しいことではないところにまで人間は力を増大させた。科学技術の進歩は今なお加速しているようで、私たちは科学技術的な合理主義によって「できる」という感覚を得た。


しかし、人間は、根源的なところで実は結構無力である。

生命、所縁、運命----これらを近代社会はコントロールし、人間は力を得ているのか。


いや存外に人間は無力ではないのか。そうしてこれらすら自由に操れるはずと思い込み、その思い込みによりかえって不幸になっているのではないか。

こういった考え方は前近代的な反動的思考なのだろうか。


しかし近現代よりも、人間が自らの無力を自覚していた時代の感性表現である中世の音楽を聞くことには、それなりの意味があるのではないか。

というより、そんな理屈以前に私はラジオから流れたこの曲にとりこになっちゃった。

ヒリヤード・アンサンブル(The Hilliard Ensemble)による

「わたしを見逃して下さい、主よ」        

モラレス原曲                      
(6分42秒)            
(サクソフォーン)ヤン・ガルバレク             
(演奏)ヒリヤード・アンサンブル
<ユニバーサル UCCE-9501>


です。

YouTubeでも見ることができます。

この
オフィチウム
というCDは私の愛聴盤なのだけれど、長年聴いていなかった。ひさしぶりに聴いたらとてもよかった。


やっぱ音楽はいいね。

ほんと、音楽がなかったら私はどうなっているんだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

理想と現実の脱肛、じゃなかった脱構築


不幸で幸福なベートーベン!

彼の中には誰よりも高い理想があったのでしょう。だからこそ彼はまさに人類遺産としての音楽を残すことができた。


その理想の追求こそは彼の幸福だったのでしょう。

しかしそれは同時に不幸の連続だったに違いありません。


なぜなら理想とは、定義上、現実の否定であり、理想を追い続けるというのは、現実を否定し続けることなのですから。だから彼の生涯は、幸福の追求であり、不幸の連続だったのかもしれないと思うわけです。


それでは理想を捨てれば、現状を丸ごと肯定できて人間は幸福でありうるのか(あるいは、不幸ではあり得ない状態になるのか)。

そういうわけにもいかないでしょう。どこからか根付いた理想というものは、もう既に現実に入り込んでしまっている。理想抜きの現実などは、ベートーベンのような人間にはもはやありえない。理想が現実の否定であると同時に、現実が理想の否定となっている。理想抜きの現実は考えられない。そして現実抜きの理想もありえない。


理想と現実は互いの尻尾をかみ合った二匹の蛇のように絡み合い、もはや二つを分かつことができない。無理矢理二つを離せば、それぞれが喪失した尻尾の痛みを覚え、不全感にさいなまされてしまうでしょう。だからといってそれぞれが相手を食い尽くすことはできない(食い尽くしたとき、二匹はどこへいってしまうのだろう)。


言語を使い、思考を重ねることによって人間は、他の動物に見られない想像力を得た。現実にないもの、すなわち理想を想像することだ。

理想を現実に創造しようと、人間はまるで神のような試みを行なう。人間も動物である以上、なすべきことは生命の再生産とゆるやかな進化による環境との調和だけなのかもしれないのに、理想に取り憑かれた人間は創造を目指す。

繰り返すが、それは幸福の追求であると同時に、不幸を絶えず招くことである。

仮に一つの理想が到達できたと(達成の陶酔感から)思い込むことが出来たとしても、我らがベートーベンはそこでは満足できないだろう。なぜなら彼の現実には理想が食い込んでしまっているからだ。

理想と現実のどちらか一方を消滅させることはできない。かといって両方を消滅させることもできない。

さりとて理想と現実を調停するような弁証法的解決とて、新たな現実が生まれ、それが新たな理想を招き寄せ、葛藤が始まるだけだろう。


理想と現実の二項対立を、どうにかずらすこと--脱構築すること--はできないのか。


イメージ的にしか語れないのだが、二つの対立する軸をずらして、二つをグラグラにしてしまう。もはや理想がどこにあるのか、現実がどこにあるのか、二つは固定した場所をもたない。二つの揺動は時に激しく、場合によってはどっちがどっちだったかわからなくなる。かといって二つが無くなっているわけでもない。

わけのわからない言い方につきあわせてしまってごめんなさい。

しかし私はそんなイメージのあり方を本当に欲しています。


かつてベートーベンは、弦楽四重奏第十六番の楽譜に "Muss es sein?" (Must it be?)"と書込み、それに対して自分で "Es muss sein!" (It must be!)と書いたと言われています。私たちが過剰に解釈しているだけなのかもしれないけれど、いかにもベートーベンらしい言葉かと思います。

しかし「こうでなくてはならないのか?」という問いかけに「何のことだい?」と答えられないものか。

ベートーベンの最後のピアノソナタ第三十二番の第二楽章は、「何のことだい?」という彼の理想と現実の脱構築であったのではないか?

誰よりも不幸で幸福であったのかもしれないベートーベン。


ストラビンスキーのオペラ『オイディプス王』で、これまた誰よりも英雄的でかつ悲劇的だったオイディプス王の最期に、コーラスは「オイディプス、私たちはあなたを愛していた」と歌いかけます。私はこのオペラ(小澤征爾指揮)をDVDで見たとき、不覚にもこの場面で泣いてしまった。


幸福であり不幸であったオイディプス、そしてベートーベン。

神のように理想を見出したが、自らは動物であるという現実から逃れられなかった二人、そして私たち。


理想と現実の二項対立に絡め取られてしまうのは愚かなのか、それとも人間的なのか。


私たちは理想と現実を脱構築できるのか。

それともこんな問いは、禅僧がかつて「喝」の一言で無効にしてしまっていたことではなかったのか。


私たちは歴史から学んでいるのか、学んでいないのか。


新春に聞いたBeethoven: Complete Works for Solo Piano, Vol. 6 [Hybrid SACD]

彼のフォルテピアノによるベートーベン演奏は好きで、私はリリースされる度に買い足しているのですが、この作品も良かった。収録作品が、

第21番 ハ長調 『ヴァルトシュタイン』Op.53
第22番 ヘ長調 Op.54
第23番 ヘ短調 『熱情』 Op.57
第24番 嬰ヘ長調 『テレーゼ』 Op.78
第25番 ト長調 Op.79

という有名どころだから、クラシックをあまり聴かない人に入りやすいだろうし、かといって底が浅いなどというのではまったくなく、いろいろな感情や思考がこの演奏から想起される。中期というある意味、最もベートーベンらしい時期の作品がこのCDでは堪能できます。


私はフォルテピアノによるベートーベンは好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ベートーベン 交響曲第九番

世の中は不公平です。


戦争や虐殺が日常の人がいれば、身の平安を疑うことすらない人がいる。
愛情に満ちた家庭で育つ人がいれば、罵声のとびかう環境で育つ人がいる。
頑強な身体で毎日を楽しむ人がいれば、障碍や病気で毎日苦しむ人がいる。
高い知能指数を活用する人がいれば、どんなに努力してもうまく物事を覚えられない人がいる。
美貌を備えた人がいれば、外見について悩まざるを得ない人がいる。
努力と運が結びつく人がいれば、努力が不運によって否定され続ける人がいる。
金銭の不自由を感じない人がいれば、貧困で飢えや寒さを全身で感じ続ける人がいる。

しかしこの不公平さに私たちが憤るとき、私たちは「世の中は公平でなければならない」という価値観に絡め取られているのかもしれません。

その価値観はひょっとしたらこの世を義と愛で満たす力をもった存在--すなわち神--の視点を私たちがもつことにより生じているのかもしれません。

この世には義が貫かれ、愛に包まれるべきなのに、現実はそれとはほど遠い--義と愛を満たす力よ動け! 私たちにその力を!! と私たちは切望しているのかもしれません。

でもその切望は、現実に必ず否定されます。打ちのめされます。

その否定に耐えきれず、人間は時に、神と同じ視野をもちながらも義と愛を目指さない存在--キリスト教的表現なら悪魔、世俗的表現なら虚無主義--を生み出してしまいます。

こうしてみると神と悪魔/虚無主義は双生児であるのかもしれません。

それでは悪魔/虚無主義から遠ざかるために、しばし意図的に神を忘れて考えてみましょう。

自然科学的に考えれば「不公平」は、不可避な「差異」となるかもしれません。

その延長で社会科学的に考えれば、私たちの課題とは「差異を活かす」社会を作り上げることなのかもしれません。

差異を認め、肯定するわけです。


しかし私たちは個々人の不幸を「差異」として片付けてしまうことができるでしょうか。

自分自身が貧困や不運や生まれつきの要因で苦しんでいるときに、私たちはそれを簡単に肯定できるでしょうか。あるいは病気や孤独や災厄で苦しんでいる人を目の前にして、私たちは「それはこの世に必然的に生じてしまう差異にすぎない」と言えるでしょうか。

少なくとも私にとってそれらは容易なことではない。人から見れば些細な不幸も、私はそれを受け入れるのに何年も何十年もかかった(いや、今でも受け入れられていないのかもしれない)。私などとは比べものにならない運命を引き受けている人を直接・間接に知っても、私はほとんど何もできない(いや、できないことすら正当化して私の心の中から追い出してしまおうとしている)。

「客観的」な自然科学的・社会科学的思考だけでなく、人間には「主観的」な人文的素養が必要なのかもしれません。

そこで必ずというわけではありませんが、しばしば登場するのがやはり神です。


しかし今度は私たちの態度が少し異なっています。

私たちはもう、自分が願うように神が義と愛の力を使わないことを嘆いたりしません。

私たちのそのような嘆きや憤りは、私たちが神に指図をするようなものです。自分には神と同等の、いや神以上の知があると主張しているようなものです。

これこそは「善悪の知識の木の実」を食べたことではないのでしょうか。だからこそ人類は「楽園」を追放されたのです(キリスト教的な表現をお許し下さい)。


私たち人間は神でもなければ、もはや楽園の住人でもありません。

神を予感することはできますが神を知りません。それでいて悪魔の誘惑は始終感じています。


私たちは楽園から追放され、悪魔の誘惑に抗しながらも、神を愛し続ける存在なのかもしれません。いや、神の愛を想像でもしなければ、我が身の不幸に耐えきれない存在なのかもしれません。


このように考える時、正直私は「神の物理的実在証拠」などどうでもいいことだと思います。少なくとも私は神の存在をよすがに生きている人を「非科学的」と断ずることなどできません。


「差異」に満ちた世の中にあって、「不公平感」で自ら悶死することもなく、他人を道連れにしようとしない。虚無的に義や愛を忘れたふりもしない。ただ、少しでもよい社会を作れるようにクールに考え、地道に行動する。この世が楽園になり、私たちが一切の労苦から解放されることを願うことなく、静かに労苦を愛する。--人間として私は生きたい。

所縁から年末に色々考えさせられていた時に、ラジオから「歓喜の歌」の編曲演奏が流れてきました。

「歓喜の歌」        遠藤賢司・作詞、ベートーベン作曲     <TOY’S FACTORY TFCC-86177>

「歓喜の歌」        ベートーベン作曲、小原 孝・編曲

もう私たちが手垢をつけてしまって、素直に好きと言うことすら難しくしてしまったベートーベンの交響曲第九番ですが、私はこの曲を今年聞く最後のCDにしました(Mikhail Pletnev指揮、Russian National Orchestea)。仕事はたくさん残っているのですが、いつもの悪い癖で、こうして駄文でも書き連ねておかないと、なんだか前に進めないような気がして、第九を聞きながらこの文章を書きました。


2009年の世の中が人間らしい世の中になりますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Keith Jarrett / Sun Bear Concert in Tokyo

早いものでkenさんの奥様が急逝なさいまして二年がたちました。

訃報を聞いたとき私も言葉を失いましたが、目の前でその事実を知ったkenさんの衝撃はいかほどのものだったでしょう。またその後の喪失の日々をkenさんとご家族がどのようにお過ごしになったのか、正直に言うなら私の想像の範囲を超えます。

無論私とて常識的に気持ちを推し量ることはできます。

でも時に人の心は、そういった通念で「わかります」と言ってはいけないほどの深さをもちます。

いや人の心、他人の心は常にそのような深みをもっていると言うべきなのかもしれません。

私の好きな(漫画!)作品に、MASTERキートンというのがあります。その一つのエピソードは、人は他人の心がわかるか、大切な他人の心ですらわかるのか、というのをテーマにしています。

話は複数の人物のそれぞれの問題が並行的に語られることによって進みます。

愛想の良いキートン--しかし彼は愛する妻と離婚してしまった痛みを常に心の底に抱えている--は宿場の老夫婦にも愛されますが、その老夫婦も「あなたの考えていることなんて何でもわかるわよ」という老妻の言葉が偽りのない真実であるようでいて、どこかすれ違っているようでもあることを漫画は冷静に描き出しています。

ある中年男は、数年前に死んだ不思議な修道僧の予言を信じ、ある夜に奇跡が起るとして旧跡の保存を訴えます。その修道僧は「クリスチャンというよりは仏教徒のようであり、『人は互いに理解できないのかもしれない』としばしばつぶやいていた」のですが、男はその修道僧のことが気になって仕方ないのです。というのもその男は最愛の妻を病気で失い、悲しみで泣き明かした後は、すっかりと妻の死を克服できたことに驚き戸惑ってしまったからです。亡き妻へのこだわりが無くなってしまったことが逆にその男の心を縛り付けています。

ある子どもは親友に嘘をつかれたことが辛く家を飛び出し、その友人を許せないままに苦しんでいます。その悩みを、偶然知り合ったキートンと中年男に打ち明け(というよりもキートンはまるで触媒のように子どもの心を開きます)、「もう誰も信じられない。人はみんな嘘つきだ!」と叫びます。それを聞いた中年男は「いいことを学んだ。それで誰でも許せるようになる」と冷やかします。


人は他人を理解できるのか。人は大切な他人の心さえわかりえないのではないか--登場人物はそれぞれ秘かにその疑いを抱きながら、修道僧が予言した時刻に旧跡のそばでたたずんでいます。

はたして予言通り奇跡は起るのか。


そのラストシーンは、素晴らしい構図と表情で描かれた漫画をごらん下さい。私などが下手な言葉でその作品の良さを汚してはいけません。

「確かに私たちはお互いにわかりえないのかもしれない。でも、今、この瞬間・・・」とキートンがつぶやく時、私も確かにその瞬間を共有できたような気がします。

kenさんからお話しを聞いて、一度だけお写真を拝見させていただいただけのkenさんの今は亡き奥様ですが、その方のことを偲んで、Keith JarrettのSun Bear ConcertsのTokyo演奏を聞き、この駄文を書きました。


おそらく今この瞬間、私はkenさんの奥様のことどころか、kenさんのことも理解できていません。


いや私はおそらく自分の心以外、誰の心も理解できていないのでしょう。

しかも今だけでなく、今までも、これからもずっと。


しかしMASTERキートンで描かれた「奇跡」のように、キースのソロ・ピアノは「でも・・・」と私たちに、表面上の絶望の中に、実は人間いや生物の真の希望はあるのだということを示し、私たちをこの世にとどまらせてくれているようです。

「でも・・・」という反転は私たちの希望なのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

諸人こぞりて

ベタベタのクリスマスソングですが、この曲が教会で歌われるとやっぱり力を感じます。

http://jp.youtube.com/watch?v=gtVoxPCFj4I&feature=related

私は、決して神を知っているからでなく、神を畏れるからこそ、生きていても赦される存在なのかもしれません。

傲慢な自分のことは、今このような文章を書いていても嫌になりますが、神様どうぞお赦し下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Keith Jarrett / Sun bear concerts

キース・ジャレットのピアノソロ集を続けて聞きました。

ご承知のように、1976年の11月に日本の五会場で行われた演奏ですが、短期間にこれだけの音楽を紡ぎ出せるなんて信じられない。どんな毎日を過ごしていたらこのように澄んで、大胆なくらいに正直な音楽を連夜のように生み出せるのだろう。

私がいつも使っていない心の部分に次々と彼の音楽が響いてきて、いつのまにか固まってしまっていた私の魂が少しずつ拓かれていくようでした。


私は今でもずいぶんひどい人間だけれど、音楽がなかったら、私はどんな無惨な人間になっていたのだろう。

それにしても6枚目のアンコール集の二曲目の東京演奏には不意を衝かれた。

聞いていて自然に目尻に涙が浮かび、やがて涙は頬をつたわってしまった。


なぜ涙が出たのだろう。

美しいからか。
哀しいからか。
切ないからか。
わからないからか。
生きているからなのか。


私はずっと以前、キース・ジャレット・トリオの「チェンジレス」を聞いていて、このようにいつの間にか泣いてしまっていたことがあった。

またこのように音楽を聞いて、自分に涙が出るとは思ってもみなかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は一日“DJサミット”三昧(ざんまい)

本日のNHK-FMの超長時間特集を引っ張っているのはピーター・バラカンさん。

誰かが番組中で言っていたけど、まさにラジオはこうあるべき。ジャンルなど問わずに、DJとリスナーの趣味を聴衆に問うて、お互いの音楽を広げ深めるのが公共放送の使命だと思う。

ピーター・バラカンさんありがとう。

あなたのおかげで日本の音楽文化はとても豊かになっています。

ピーターさんが「日本人」と呼ばれることを、ピーターさんがどのように思っているかしらないし、ピーターさんの国籍がどこなのかも知らないけど、ピーターさんは私にとって、とても大切な日本人です。

いや、やっぱり「日本人」とか言う表現は的外れですね。


ピーターさんは、私が私淑しているだけですが、大切な友人です。


番組もあと少し、頑張って下さいね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

Napsterが音楽のエコロジーを変える?

私はこれまでパソコンで音楽を聞くことはしませんでしたが、それはひとえにパソコン経由の音が悪いからです。

でも考えてみれば、パソコンのヘッドフォン出力(ミニジャック)を、そのままライン(ピンピン・コード)でステレオに入力すれば、ステレオのアンプとスピーカーで再生すればそれなりの音楽が楽しめるはずです。

そう思って、これまで気になっていたけど放っていたNapsterを私のパソコンに導入し、パソコンの音声出力をステレオにつなぎました。
http://www.napster.jp/

以下はその簡単なレポートです。

◆音質について

残念ながら再生音は、CD級ともFM級とも言えません。少し聞く分にはまったく問題がないのですがが、長時間聞き続けると、耳が痛くなるような感じがします。初期のCD再生音みたいです。NapsterからCDやFMに音源を変えると、音がみずみずしくなり、ほっとします。あと、PCの音声をそのままステレオに入れているのですから、PCのクリックなどに伴う作動音も入ってしまいます。ですが、これは自分の行動に基づく音ですから、びっくりすることもなく、そんなに不快ではありません。


◆コストパフォーマンスについて

私は月額1280円で聞き放題のコースを選びました。Napsterは取りあえず試聴ができたり、BGMとして楽しむだけで、本当にその音楽が欲しくなったら、CDを買っていい音質で聞こうと考えていますから、ダウンロード不要の安いコースを選びました。

結論を言いますと、これだけの様々な音楽を、まあまあの音質と、簡単な操作で聞き放題なのは、私にとってはコストパフォーマンスが非常に高い買い物です。少なくともしばらくはNapsterを契約しようと思います。

◆音楽のエコロジーについて

「iPodは音楽のエコロジーを変えた」とも言われますが、Napsterも音楽のエコロジー(音楽と私の関わり方)を変えるかもしれません。

これからは以下のようなサイクルが再帰的に起こるのが私の音楽生活になるかもしれません。

(1)音楽の友達や、ミクシィの各種音楽コミュニティ、各種音楽ブログで得られる情報、あるいはNHK-FMで聞ける演奏でお気に入りをチェックし、その固有名をメモしておく。

(2)その固有名をNapsterでチェックし、それがあれば聞いてみる。

(3)同時にNapsterの各種お薦めを取りあえず聞いてみる。

(4)非常に気に入ったらそのCDを買う。

(5)可能な限りその感想を自分のブログやミクシィに書き込んで、見知らぬ他人の(1)の入力とする。


音楽の楽しみ方には、「参加」(例、コンサートに行く)、「所有」(例、CDを買い、物理的に音盤を所有する)、「使用」(例、Napsterで聞きたいときに聞きたい音楽を聞く)、「批評」(例、友達と感想を話し合ったり、音楽ブログを読み書きする)などがあるかと思います。

これからはひょっとしたら「所有」の重要度が減り、それが「使用」や「批評」に移行し、そうして音楽情報が豊かになるにつれ、「参加」が非常に貴重な経験となってゆくかもしれません。

◆Napsterの使い勝手について

お気に入りCDを検索やお薦め画面から見つけたら、アルバム全部をマウスで選択してドラッグ・アンド・ドロップすれば、その音楽はシームレスに自動再生されます。使い勝手は悪くないと思います。


◆取りあえず聞いてみた音楽

・ジャズ
タワーレコード店内のNapsterパソコンで、Kurt RosenwinkelのCDがあることがわかったので、私は契約することを考えました。彼があるぐらいなら、まあまあのセレクションはあると考えていいと私は判断しました。


・クラシック
気になっていたMartin Stadtfeldは、Bach/Piano Concerto No. 1しかCDがありませんでしたが、躍動感や構造感はうまく表現できるアーチストであるということがわかりました。CD購入候補となりました。

Rudolf BuchbinderはCDが4枚ありました。彼のCDすべてを聞くというのは無理です。

Charles Francois Gounodは、アヴェ・マリアぐらいしかヒットしません。


・メジャーなJ-pop
矢井田瞳は、「購入専用」で各曲30秒だけ試聴できます。アマゾンやHMVよりも使い勝手も音質もいいです。
でもこのCDは買わないでいいかもしれない(笑)。オイラ、ヤイコ好きだけど、お金には限度があるから。ただ小田和正との「恋バス」はいいかもしんない。

パフィーはヒットしません。


・マイナーなJ-pop
APOGEEはEvolve & Destroyを聞きましたが、うーん、それほどではなかった。ただメジャーなJ-popなどでは決して聞かれないリズムや構成などは聞けました

RADWIMPは、これも30秒だけの再生でしたが、「RADWIMPS4 ~おかずのごはん~」はよかったです。これはいい。買ってもいいなぁ。少なくともRADWIMPSというバンド名は覚えておこう。

Good Dog Happy Menは出てこない!

strawberry recordも出てこない!


・往年のロック
Paul McCartneyは、90年代以降の作品アルバムしか聞けません。70年代のウィングス・ライブが聴きたかったのに(涙)。

Queenは、19アルバム聞けます。でも『オペラ座の夜』が聞けねーぞ(怒)。


・「ホーム」の「ニューリリース」から
Beady Belleという北欧の女性ジャズシンガー。これはアルバムを通して聴ける。タワーレコードお勧めのCDを、さらに自分でセレクトして快適に自宅で聞けるというのはかなり快適な経験。

Andy Summers/ Benjamin Verdery First You Build a Cloudというポリスのギタリストのデュオアルバムが全曲聴けましたが、これはよかった。

・「プレイリスト」や「チャンネル」では、タワレコバイヤー推薦のCDを選択すれば、それがずっと聞ける。これは便利。Strauss, Richard: Die Frau ohne Schatten / Giuseppe Sinopoli & Staatkapelle Dresdenなどはよかったです。

といったところです。

まあ、これが月額1280円で聞き放題ならOKかな、といったところです。


Napsterはタワーレコードやインターネットで試せます。皆さんもいかがですか?


追記
ビットレートは、Napsterのストリーミング再生が128kbps、ダウンロード・購入で192kbps。それに対してオーディオCDは1411.2 kbps。ネット文化はこの差を縮めようとする方向に動くのだろうか。動いたら本当に音楽のエコロジーが変わるよなぁ。

追追記
ウィキペディアによるとFMステレオ放送のビットレートは96 kbps!? うーん、でもFMの方が音が良いように思えるのですが・・・。これはPCやソフトウェアの問題かなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ワーグナーとゴーギャン

 またまた世迷い言です。はい。仕事からの逃避です(笑)。

 ワーグナーゴーギャンって似てると思いません?


 どちらもそれぞれの芸術分野において、それまでの古典的な作品の伝統に基づきながらも、最大限、ロマン主義的というか、「人間的」な表現を突き詰めてしまったような気がします。

 ですからもはや音楽でも絵画でも、後続の者たちは、ワーグナーやゴーギャン以上に古典的な形式にのっとって人間的な表現をすることがはなはだ困難になってしまったと言えないでしょうか。

 だから20世紀の表現が、形式に「人間らしさ」を込めることではなく、形式にさらに形式性を求めて、形式を解体し、新たな形式を作り出す、「脱人間的」とでも言いたくなるような表現になったと解釈できませんでしょうか。


 はい、屁理屈です(謝)。

 まあ、私はワーグナーとゴーギャンが好きなのです。二人とも、もうこれ以上行けないところまで音楽と絵画を持って行った気がします。ワーグナーについてはいろんな思い出がありますが、ゴーギャンについては、私は絵画に疎いこともあって、今は一つだけ思い出を語ります。

 大塚国際美術館という美術館があります。


 「古代壁画から、世界25ヶ国、190余の美術館が所蔵する現代絵画まで至宝の西洋名画1,000余点を大塚オーミ陶業株式会社の特殊技術によってオリジナル作品と同じ大きさに複製しています」とはホームページの案内です。

 で、私、この「ばったもん」美術館が大好きです。まだ一度しか行ったことがありませんが、あと数回は行きたい。数日かけて、体力の続く限り、ゆっくり見て、いろいろと考えたり感じたりしたい。

 で、この大塚国際美術館で私が古代から現代まで、真面目な修学旅行生のごとく作品を時代を追って見た中で、やはりこれが一つの頂点だ、すごい、と思わされたのがゴーギャンでした。圧倒されたと言ってもいいかもしれません。

 はい、それだけです。仕事からの逃避というか、駄弁はここまで。今夜はもう帰ることにします。

まあ、皆様どうぞゴーギャンの絵でも見て、気分を取り直してくださいませ。

それでは。


| | コメント (0) | トラックバック (0)