ロック

Rivers Cuomo / Alone, Alone II

あるものを好きになる場合、初めからもう好きである場合もあれば、ある瞬間一気に好きになる--というより自分がそれに好きであったことに突然気づく場合がある。

キース・ジャレットにしても、正直、最初は彼の奇声ばかりが気になって、どこがいいのだろうと思っていたが、ある瞬間、はっと気がついたら好きになっていた。今では彼は私にとって欠かせないミュージシャンだ。

グスタフ・マーラーも私は長い間苦手にしていたのだが、ある時ラジオで「それでは次にマーラーの・・・」とDJが言った瞬間、私はマーラーを聴くことを実は待ちこがれていたことに気がついた。実は私は彼の音楽が好きだったのだ。

ロバート・ジョンソンにしても、エリック・クラプトンが尊敬しているからという理由で聞き続けていたが、どうも良さはわからなかった。だからもう聴くのを止めようと思っていたら、えっと言うぐらい急にその良さがわかってしまった。


ある意味、このような瞬間の変化はアスペクト盲の解消にたとえられるのかもしれない。

見方によってはウサギにも見えるし、アヒルにも見える絵や、少女も見えてくるし、老女にも見えてくる絵をご存知の人も多いだろう。絵はウサギが見えるときはウサギが見えるし、アヒルが見えるときはアヒルが見える。ただ悔しいことに、時にウサギは見えるのに、アヒルはどうしても見えない時がある。絵を見せる人は、アヒルも見えるはずだと言うのだが、見えないときには見えない。いらだたしいぐらいに見えない。端的に見えない。だが、ある瞬間、アスペクトが--物事の見方が一転するのだろうか、アヒルが見えてきて、もうアヒルが見えなかった頃が思い出せないぐらいに認識が一変する。

私もキース・ジャレット、グスタフ・マーラー、ロバート・ジョンソンなどでアスペクト転換が起ったのかもしれない。


Weezerというバンドをある音楽好きから借りた時、私はそれほど音楽には魅入られなかった。端々にオルタナティブらしい表現はあるのだけれど、とりわけ好きにもなれなかった。だからその人に返すときも「最初は正直『?』だったけど、繰り返して聴いてきて少しずつ良さはわかってきた。ギターのラインなどは時に好き」などという月並みな言葉と共にCDを返した。

でもアスペクト転換は突然に起った。

これは意志でもって引き起こすことができるものではない。起ってしまったら起ってしまったので、私は渇望するようにこの音楽を求め始めた。

タワーレコードで見つけたのは、このWeezerというバンドのリーダー格であるRivers Cuomoのソロ作品であるAloneとAlone II。Weezerとしてのバンド作品よりも、実験的に自分らしさを追求できるからか、彼の感覚はなんだかつかめてきたような気がする。彼のメロディーラインだけでなく、歌詞まで聞こえてきた。これは私にしては珍しいことだ。

"I Was Made For You"なんて曲も以前の私なら決して好きにならなかったかもしれない。

人間の好みってわからないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐野元春/SOMEDAY

大学生の私は、ほとんど毎日のように佐野元春のSOMEDAYを聞いていた。元春の歌こそがその当時の私を作っていたからだ。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/35724

だから数年たった後、もうこのアルバムだけはどうあっても聴けなくなった。そこに裸の自分が見えるような気がしたからだ。


しかし20年以上たって、私はこのアルバムを買い直し、何度も聞き直したりしている。

さすがに表題作SOMEDAYには気恥ずかしさを感じる。

歌詞のあまりのストレートさに照れてしまうのだ。
私に絶対にカラオケで歌ってはいけない曲があるとしたらこの曲だろう。
(「ガラスのジェネレーション」をカラオケで歌うことは明らかに犯罪であるw)。

でもロックンロール・ナイトというこれまた気恥ずかしいタイトルをもった曲は、今の自分にも否定のしようがない。共感する自分を斜めに見ることすらできない。
http://music.yahoo.co.jp/shop/p/53/210254/Y033110

私は歌を聴いても歌詞がほとんど耳に入ってこないという癖があるのだが(俗説的に解釈するなら右脳中心で歌を聴いているということだろうが)、数少ない歌手、例えば井上陽水とかJohnny Cash, Nick Caveの歌は時々歌詞が私の心に直接届く。

しかしこの曲などの元春は、歌詞の全てが、流れと共に明瞭に私の心に染み込む。私はよほど元春が好きなのだろうか。

20年前と同じように、心に渇望や飢餓を感じながら元春を聴く。

苦しいのだが、こういう時こそ生きていることを感じる。


(って、やっぱりこっ恥ずかしいw)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シド・バレット (Syd Barrett)


中学生の時以来、ピンク・フロイドは私にとって、レファレンスというぐらいに大切なミュージシャンでしたから、当然シド・バレット(Syd Barrett)という固有名詞は私は知っていました。


しかし「精神を病み・・・」といった、彼を語る際の常套句的な記述を怖れ、私は彼の作品どころか、彼がピンク・フロイドに在籍していた頃の作品まで聞くことを控えていました。

ところが今日、仕事をしながらミクシィの「マイ・ラジオ」でVan Morrisonに関連したアーチストを、ミクシィのサーバーが供給してくれるままに聞いていましたら、シド・バレットの作品がことごとく私の心を打ちました。仕事をしながらですので、私は音楽を聞いている時には、それが何の曲かわからず、とても気になったら画面を切り替えてそれが誰の作品かを確認します。そうやって確認することは非常に少ないのですが、それがほとんどシド・バレットの作品だったのは私にとって驚きでした。

私はここ10日程度風邪気味ですから、問題にならないぐらいのわずかな鬱状態に心が傾いてるだけなのかもしれません。


でも、やっぱり私はどこかで社会に適応しにくい人間なのかなぁ。

商売上、社会や他人には過剰なぐらいに適応しているつもりだけど、やっぱりどこかで無理しているのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Birthday

またまたナップスターで偶然に知ったThe Birthdayという日本のバンド。

「オイラ、こんなストレートなロックは好き」と思って調べてみたら元Rossoのメンバーによるバンドだったのね。michelle gun elephantも絡んでいるのね。

納得。


がんばってね。

ロックがロックらしくなくなったら、世の中はきっと歪み始めているのよ、きっと。

http://ja.wikipedia.org/wiki/The_Birthday

http://www.rockin-blues.com/top.html

http://www.universal-music.co.jp/thebirthday/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bruce Hornsby

ふとしたきっかけでNapsterで、Bruce Hornsby & The RangeのThe Way It Isを久しぶりに聞きました。

やっぱりいい曲だなぁ。80年代で一番思い出深く、好きな曲かもしれない。

で、ちょっとググったら、これは彼のデビュー作で、しかもテーマは貧困なのよね。

http://econo.twinkle.cc/music/bruce_hornsby_the_way_it_is.php

知らなかった。でも歌詞を見ながら曲を聴くとよく理解できる。


格差が広がる日本で、かつてどんどん切り捨てられていったアメリカの人々の歌は格別に大切なものとなるかもしれない。
(さらにいうなら絶望的な差別に闘いを挑んだ黒人文化の歌は本当に日本人の宝になるかもしれない)


Bruce HornsbyのMySpaceでは結構音楽が聴けます。彼の和音感覚、私は好きです。
http://www.myspace.com/brucehornsby

Wikipediaの記事もなかなかの充実ぶりです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Bruce_Hornsby

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シーナ&ロケッツ

「サウンド・ミュージアム」(山川健一、ゲスト:シーナ&ザ・ロケッツ)はよかった(てか、今放送中)。NHK-FMさんありがとう。

「レモンティー」なんて名曲中の名曲(そしてスネークマン・ショーが懐かしい!)

鮎川誠の博多弁がいい。それでもって三十年ロックをやっている気骨が表現されている。どんどん出てくる固有名詞がすごい。それにネットの初期からウェブ活動を始めたところもロックンロールだと思う(笑)。
http://www.rokkets.com/

最新アルバムはこちら。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2694078
これがまたいいのよね。いい意味でロックという「型」を自家薬籠中のものにしているみたい。

にしても番組中にかかったストーンズはやっぱかっこいいね。
「アンダーカヴァー・オブ・ザ・ナイト」

んでもって、マディー・ウォーターズなんて古典の風格よね。
「ローリン・ストーン」   
               
おじさんはいつまでもロックするのだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忌野清志郎先生、復活!

忌野清志郎先生の復活ぶりをNHKテレビで見ました。

嬉しい!

いきなりどん引きするような話をしますと、私は大病にかかったら、あっさり諦めようと思っておりました。主観的には100パーセントの力で走ってきたように思っていましたから(←結構、傲慢)、もし余命を告げられたら、「あ、これで終わっていいんだ」と満足してすべてを諦めようと考えておりました。

しかし忌野清志郎先生(私はどうしても「先生」と呼びたいです)の喉頭ガンからの復活の姿を見た瞬間、そのような甘ったるいペシミズムは吹っ飛んでしまいました。

生命って素晴らしい。自分らしく生きるって素晴らしい。

病み上がりの56歳が、一発目に「雨上がりの夜空に」をシャウトするなんて素晴らしい(それにそれを放送するNHKも素晴らしい)。

清志郎先生は私のヒーローです。


http://www.kiyoshiro.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デヴィッド・ボウイ


デヴィッド・ボウイは私はまともに聞いたことがなかったけど、集中して聞いてみたらよかった。かなり。彼の感性は私好きみたいです。「複雑である」ということって、悪いことじゃないよね?


というわけでベスト盤を1300円で衝動買い。


DJの森雪之丞さん、ありがとう。

「ロックは常に何かを壊して、そこに自分を組み込んで新しいものを作り出すこと」、「デヴィッド・ボウイは精神的にもロックだ」というフレーズもよかったです。


 - デヴィッド・ボウイ -

「スペイス・オディティ」
                       (5分13秒)
                  <TOCP-70141>

「チェンジス」
                       (3分33秒)
「ライフ・オン・マーズ」
                       (3分50秒)
                  <TOCP-70143>

「ジギー・スターダスト」
                       (3分15秒)
「スターマン」
                       (4分14秒)
                  <TOCP-70144>

「ザ・ジーン・ジーニー」
                       (4分05秒)
                  <TOCP-70145>

「フェイム」
                       (4分15秒)
                  <TOCP-70148>

「ヒーローズ」
                       (6分06秒)
                  <TOCP-70151>

「タイム」
                       (5分10秒)
                  <TOCP-70145>

「イッツ・ノー・ゲーム」
                       (4分16秒)
                  <TOCP-70155>

「ガールズ(ジャパニーズ・ヴァージョン)」
                       (4分00秒)

「アンダー・プレッシャー」
          (クィーン・ウィズ・デヴィッド・ボウイ)
                       (4分05秒)
                  <TOCP-67837>

「レッツ・ダンス」
                       (7分34秒)
                  <POCP-70154>

「サンデイ」
                       (4分40秒)
                    <SICP-153>

| | コメント (1) | トラックバック (0)

John Lennon, and then R.E.M.

R.E.M.は村上春樹が評価していて、
私は長年聞きたいと思っていた
バンドですが、今度、ジョンレノンの
カバーアルバムを出すそうです。

http://www.remhq.com

の上にあるアイコンをクリックしてください。
#9 Dreamのカバー曲が聞けます。

これは「インスタントカーマ /
ダルフール救済キャンペーンCD」
からの第一弾だそうです。

http://www.instantkarma.org/

に行ってみて下さい。

ジョン・レノンの顔を見て一瞬涙が出そうに
なりました。

ジョンは確かに"dreamer"だったかもしれない。
でもジョンの魂は生きています。

これからもずっと生き続けます。


近年ますます世界の多くのアーチストが
グローバルな問題に対して行動を起こし
はじめています。

「アート」が生命の賛歌である以上、それが
自然なことでしょう。少なくとも私は過剰に
シニカルな態度はとりたくありません。

シンプルに、ストレートに、生命の喜びを
私たちも表したいと思います。

そしてシンプルに、ストレートに、それが
戦争であれ環境破壊であれ、それに
反対をしてゆきたいと思います。

"Dreamer"であることは、短期的には
「現実主義者」の嘲笑の的になりますが、
長期的にはこれこそが賢明な戦略なのでは
ないでしょうか。

JohnのImagineの歌詞を思い出してください。

You may say I'm a dreamer, but I'm not the only one.
I hope some day you'll join us.
And the world will be as one.

追伸、
スーダン・ダルフール危機の日本語解説は

http://wiki.fdiary.net/sudan/

の「基礎知識」をどうぞ。

(この情報をくれたマイミクのsaoriさんに感謝!)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

THE TIMERS(ザ・タイマーズ)

061006timersロックは反抗、批判、知性、そして自由。

反抗してしまうのは、今の自分の生活に批判の目を向けざるを得ないから。
批判してしまうのは、知性の動きを止めておけないから。
知性が動くのは、知性というものが本来自由を求めるから。

そしてこれらが相互作用をおこすと哄笑にいたる。

他人と社会を笑い飛ばして、そんな馬鹿笑いをする自分を、
それこそ腹を抱えて笑い飛ばす。

「日本にロックはあるのか?」という問いは、時に真面目に、
時に反語的に問われます。

たしかにマーケットへの従順と順応、さらには無思考という停滞的安寧ばかりの
ジャリタレ音楽ばかりを聞いていると、絶望的にもなってしまいます。

しかし地上波テレビなんかでロックを聞く方が悪いのよ。
(てゆーか、その態度、ゼツボー的に間違ってる)。

「日本にロックはあるのか?」


はい。

THE TIMERS(ザ・タイマーズ)。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000CBO13E/

忌野清志郎師匠が1989年にぶち切れて作ったバンドです。


これでも一応教師の私は、一曲目の「タイマーズのテーマ」では
その歌詞に少し眉をしかめてしまったけど、CDの終わりのほうで
「タイマーズのテーマ(エンディング)」が流れ始めたら、
涙を流しながら喜んでしまった。


とにかくに徹底的に日本語でロックをやっている。

この絶妙な言語感覚!
大笑いするしかない言葉遊び。

私は大学時代、英詩の授業でさんざん脚韻のことを教えられたけど、
正直、その面白さを実感したことはなかった。

このCDで初めて脚韻の詩を聞く喜びを感じました。
(しかも大笑いしながら)。

というより「ギーンギーン」、「税」、「イモ」なんて、
歌声だけで大笑いできる。
(んでもってカッコいい)。

また、「カプリオーレ」や「LONG TIME AGO」のテーマを偽善的にならずに歌えるなんてすごい。

「ロックン仁義」は、ロックの伝統と演歌の伝統へのパロディによるトリビュート。
(そしてその当時の事件への反抗)

「デイ・ドリーム・ビリーバー」の物悲しさも、日本語で歌詞を聞いて、初めてわかりました。
(ロックって母語で聞くとこんなにいいのね)。

私は今頃になって忌野清志郎師匠の偉大さをわかりはじめました。


今からでも遅くない。


日本のロックを聞こう!

日本には忌野清志郎師匠がいる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)