« 諸人こぞりて | トップページ | Keith Jarrett / Sun Bear Concert in Tokyo »

スティーブ・ライヒ

私はなぜスティーブ・ライヒが好きなのだろう。

Obsessiveな性格だからだろうか(笑)。

そういえばブルックナーも好きだし(爆)。

草間彌生も好きだし(汗)。


でもね、問い続けなければならない衝動ってない?

いや他人様に問い続けたら迷惑だろうから、おそらくは神様に。


そういえばヨブ記も好きだった、オイラ。


イエス様、救ってね(笑)

*****

2008/12/18 NHK-FM ベストオブクラシック
-スティーヴ・ライヒの音楽-

「ダニエル・バリエーションズ」    
スティーヴ・ライヒ作曲
(27分25秒)
(声楽)シナジー・ボーカルズ
(演奏)アンサンブル・モデルン
(指揮)ブラッド・ラブマン

「18人の音楽家のための音楽」    
スティーヴ・ライヒ作曲
(54分00秒)
(ピアノ)スティーヴ・ライヒ
(声楽)シナジー・ボーカルズ
(演奏)アンサンブル・モデルン
~東京オペラシティ・コンサートホールで収録~
<2008/5/21>

「“エレクトリック・カウンターポイント”から ファースト」
スティーヴ・ライヒ作曲
(4分29秒)
(ギター)パット・メセニー
<NONESUCH WPCS-5053>

|

« 諸人こぞりて | トップページ | Keith Jarrett / Sun Bear Concert in Tokyo »

コメント

ライヒは、それほどたくさんは知らないのですが、聴いていると何故かガムランを連想するのですよ。使っている楽器がガムランと似ても似つかない場合でも、韻律がガムランに似ています。気づかないうちに、小さな変化が思いがけず積み重なっていく広がり、とでもいうものがありますね。

投稿: ken | 2009/01/01 22:21

ライヒはまさにガムランだと思います。
西洋音楽がライヒまで行き着いたということは、やはり私は画期的なことだと思っています(←ミニマムびいきの発言)

投稿: イワン | 2009/01/04 16:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スティーブ・ライヒ:

« 諸人こぞりて | トップページ | Keith Jarrett / Sun Bear Concert in Tokyo »