« シド・バレット (Syd Barrett) | トップページ | 男の子映画としての宮崎駿作品 »

10/24 ひろしまチェンバーソロイスツコンサートVol.6

お知らせです。出演者もいいそうですし、プログラムもいいし、可能なら私は出張の帰りに寄ろうと思います。

****

ひろしまチェンバーソロイスツコンサートVol.6

* ■開催日:
2008年10月24日(金)
開演18:45(開場18:00)
* ■会場:
広島県民文化センター
* ■出演者:
上野真、玉井菜採、大野かおる、吉田秀、伊達万浩、森純子
* ■料金:
一般¥4,000 学生¥2,000

<プログラム>
ハイドン:ピアノ三重奏曲 第27番 ハ長調
モーツァルト:弦楽四重奏曲 第21番 ニ長調「プロシャ王 第1番」
シューベルト:ピアノ五重奏曲 イ長調「ます」

※コンサートの詳しい内容に関しては主催者までお問合せ下さい。
主催:ひろしまチェンバーソロイスツコンサート実行委員会
082-252-4721

http://www.yamahamusic.jp/hiroshima-s/concert/index.php?mode=detail&id=177

|

« シド・バレット (Syd Barrett) | トップページ | 男の子映画としての宮崎駿作品 »

コメント

「おすすめ」の演目ですね!
学生時代、勉強で引かされたものばかりです。
・・・といいつつ、ハイドンは、自分でもやったことがあるはずなのですが記憶に残っていません。
「プロシャ王」セットは、モーツァルト晩年特有のすんだ響きがする作品群の一つですが、チェロ弾きが悪いと他が良くてもすっかり崩れる(チェロが高い音域を使っているので、これをさらりと弾いてくれないとダメなんですが、「腕がいい」と自負している人ほど「音は高くてもアタシャ土台なんだ」ってことを忘れて歌い込み過ぎて曲をダメにします)ので・・・いい演奏であることを期待します。大好きですので、広島まで聴きにいけないのが残念だなあ。「ます」の全曲は、意外と聴けません。ですが、有名な終楽章だけでなく、他も、とても美しい。・・・残念ながら、私は自分を含めての「へたっぴ」で自ら演奏した経験は何度もあるものの、いい集まりでの生演奏に縁がありません。。。

堪能なさって下さいね!

投稿: ken | 2008/10/15 03:09

kenさん、コメントありがとうございます。確かに「ど真ん中ストレート」のような演目ですよね。私も演奏を楽しみにしています。それでは!

投稿: イワン | 2008/10/15 09:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10/24 ひろしまチェンバーソロイスツコンサートVol.6:

« シド・バレット (Syd Barrett) | トップページ | 男の子映画としての宮崎駿作品 »