« 動く楽譜 | トップページ | Lionel Loueke »

Kip Hanrahan

ミクシィ・コミュニティ→アマゾンで
Kip Hanrahanと
http://en.wikipedia.org/wiki/Kip_Hanrahan
彼のレーベルamerican clave
http://www.americanclave.com/1-kip.html
についての情報をゲット。

キップ・ハンラハンが1980年にニューヨークで始めたレーベル。都市音楽をフォークロア化し、フォークロアを都市化する。ラテンをモンタージュし続け、さらにノイズ成分を増してゆく。ここ日本においても高感度なリスナーを中心にファンを増やし、セレクトショップや多様化するクラブシーンの中で独特の存在感を示す。1981年に発表されたKip Hanrahan『coup de tete』は菊地成孔氏にして、80年代最大の衝撃と言わしめた、ニューヨークラテンコミュニティ発のもう一つのNO NEWYORKと位置づけられる大名盤。

とはamerican claveに関するアマゾンの説明。

で、NapsterでそのCD(coup de tete)をチェック。なかなか、いい。(てか、いかにも菊地成孔が好きそう)。

YouTubeにも動画ありました。
http://jp.youtube.com/watch?v=J9eYlvVdUvI

音楽情報はどんどん増えるなぁ。


時々学生さんなどから「せんせぇ~、ジャズってぇ、何から聞けばぁ、いいんですか~?」などと尋ねられるけれど、そういった健全な市民層(非音楽変態)とのコミュニケーションがますます難しくなりそう(苦笑)。

|

« 動く楽譜 | トップページ | Lionel Loueke »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kip Hanrahan:

« 動く楽譜 | トップページ | Lionel Loueke »