« チェンバロでバッハの「平均律」を連続演奏! | トップページ | ピーター・バラカン氏への攻撃犯を軽蔑します »

Keith Jarrett Trio / My Foolish Heart

キース・ジャレット・トリオの2002年Montreux Jazz Festivalによるスタンダーズ演奏。

すごい、すごすぎます。

過去の名演の数々で、このトリオに対する私たちの要求水準は高くなるばかりなのですが、この作品は少なくとも私の期待をはるかに上回りました。

私は一曲目でノックダウン。自称リズム・フェチの私が、ジャックのドラムだけでなく、キースのピアノのリズム感覚で茫然自失。もう身動き一つもできませんでした(笑)。

ゲーリーとジャックの掛け合いも、どうして二人でこれだけすごい世界が展開できるの?

ジャックのソロも、これが一人の演奏とはとうてい信じられない。

もちろん三人そろっての演奏もすばらしい。

スタンダーズを肩の力を抜いて演奏しているのかもしれないけど、これが本当の逸品。

いや、実際、すごいトリオだと思います。

|

« チェンバロでバッハの「平均律」を連続演奏! | トップページ | ピーター・バラカン氏への攻撃犯を軽蔑します »

コメント

これもまた必聴かな!?
キース・ジャレット、先鋭性健在、なのですね!

投稿: ken | 2007/12/09 20:48

スタンダーズですから、肩の力は抜けているのですが、それでもすごいです!

投稿: イワン | 2007/12/11 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Keith Jarrett Trio / My Foolish Heart:

« チェンバロでバッハの「平均律」を連続演奏! | トップページ | ピーター・バラカン氏への攻撃犯を軽蔑します »