« Johann Sebastian Bach / Harpsichord Concertos Vol.1 | トップページ | Keith Jarrett/Sun Bear Concerts (Piano Solo) »

John Lennon, and then R.E.M.

R.E.M.は村上春樹が評価していて、
私は長年聞きたいと思っていた
バンドですが、今度、ジョンレノンの
カバーアルバムを出すそうです。

http://www.remhq.com

の上にあるアイコンをクリックしてください。
#9 Dreamのカバー曲が聞けます。

これは「インスタントカーマ /
ダルフール救済キャンペーンCD」
からの第一弾だそうです。

http://www.instantkarma.org/

に行ってみて下さい。

ジョン・レノンの顔を見て一瞬涙が出そうに
なりました。

ジョンは確かに"dreamer"だったかもしれない。
でもジョンの魂は生きています。

これからもずっと生き続けます。


近年ますます世界の多くのアーチストが
グローバルな問題に対して行動を起こし
はじめています。

「アート」が生命の賛歌である以上、それが
自然なことでしょう。少なくとも私は過剰に
シニカルな態度はとりたくありません。

シンプルに、ストレートに、生命の喜びを
私たちも表したいと思います。

そしてシンプルに、ストレートに、それが
戦争であれ環境破壊であれ、それに
反対をしてゆきたいと思います。

"Dreamer"であることは、短期的には
「現実主義者」の嘲笑の的になりますが、
長期的にはこれこそが賢明な戦略なのでは
ないでしょうか。

JohnのImagineの歌詞を思い出してください。

You may say I'm a dreamer, but I'm not the only one.
I hope some day you'll join us.
And the world will be as one.

追伸、
スーダン・ダルフール危機の日本語解説は

http://wiki.fdiary.net/sudan/

の「基礎知識」をどうぞ。

(この情報をくれたマイミクのsaoriさんに感謝!)

|

« Johann Sebastian Bach / Harpsichord Concertos Vol.1 | トップページ | Keith Jarrett/Sun Bear Concerts (Piano Solo) »

コメント

>You may say I'm a dreamer, but I'm not the only one.
I hope some day you'll join us.
And the world will be as one.

いい言葉ですね。。。

すみません、それだけなんですけど。。。

>And the world will be as one.

これは、現世でもありえるのかしら?
来世なら間違いない、と、確信を持ってはいますけれど。

投稿: ken | 2007/03/14 11:07

kenさん、こんばんは。

都合により、改名いたしました。
イワンさんのところから来たので、こんな名前で。
イワンさんのところでも、この名前にしますね。
kenさん、イワンさん、これからもよろしく。
                miho

投稿: Matryoshka doll | 2007/03/19 04:52

イワンさま、こんにちは。
ダルフールの記事、読ませていただきました。
一番恐いのは人を憎む心、相手を許せないと思う気持ちですね。
私も人を憎み、許せないと思うことがしばしばあります。
折りしも今朝、実家の母から「正しい心でいなさい」と電話がありました。私の邪悪なオーラを感じたのでしょうか。ドキッです。涙が出ました。
まず自分自身の心の中の紛争を収めねば・・・
そして、暴力と貧困のために命の瀬戸際に立たされている人のために自分が出来る行動を実践していきたいと思います。

投稿: ヨーコ | 2007/03/19 12:26

イワンさんの所をお借りしてイワンでも・・・
(・・・あ、風が冷たい。。。)

ですが、お許し下さい、イワン様。
(今思い出しましたが、ロシアの大帝の名前ですね。
 いや、雷帝、でしたか。そう考えるとコワイ名前だなあ。)

Matryoshka dollのすごくちっこくて可愛いやつを
お店で見て、つい手を出して、いちばんちっこいのまで
無理やり取り出そうとして

あ。こわしちゃった。

・・・ってことがありましたっけ。

Matryoshka doll、いい名前です。可愛いしね。

投稿: ken | 2007/03/20 10:38

皆様、コメントをありがとうございます。
出張やらなにやらでお返事が遅くなってごめんなさい。

The world will be as oneという歌詞は、私が20歳ごろには「何、甘いこと言っているの!」と思っていたのですが、ジョンが死んでもますますジョンの魂が皆に引き継がれ、ネットを使ってこのように多くの人の心がつながっているのを目にすると、決してthe worldはoneにはならずとも、as oneにはなれるのではとも思い始めました。

それにしても

一番恐いのは人を憎む心、相手を許せないと思う気持ちですね。
まず自分自身の心の中の紛争を収めねば・・・

という言葉は、まったくその通りですね。
ヨーコさん、いつもいい言葉をありがとうございます。感謝します。

投稿: イワン | 2007/03/21 09:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: John Lennon, and then R.E.M.:

« Johann Sebastian Bach / Harpsichord Concertos Vol.1 | トップページ | Keith Jarrett/Sun Bear Concerts (Piano Solo) »