« ブログはじめました | トップページ | ブラック・ミュージック »

プログレロックの使い方

一時期新日本プロレスの中継のテーマ曲に
なっていた(今でも?)曲は、

「ザ・スコアー」      (エマーソン、レイク&パウエル)
                       (9分09秒)

であり、これは、いわゆるELP(エマーソン、レイク&パーマー)の
パーマーが抜けた時期のバンドによる演奏である。

へー。へー。へー。へー。へー。へー。へー。へー。

って、ここは一人トリヴィアかい!
(-"-;)


しかし、これはデーモン小暮閣下の選曲なのだけど、世間一般では
こういったのが「プログレ」と呼ばれているのね。

「ピンク・フロイド命!」の私としてはちょっと違和感がある
のだけれどなぁ。なんというかキャッチーすぎて・・・


あ、でも『展覧会の絵』は好きですから。

|

« ブログはじめました | トップページ | ブラック・ミュージック »

コメント

Yesの"90125"のライブ版"9012Live"(数字を英語読みしてたらタイトルの引っ掛け遊びに気がつき、ヘー、ヘー、ヘー。と三つ分のヘー。)が漸くDVD化されて歓んでおるタメだす。代表性についてはまったくわかりませんが、これもプログレという分類に入るようなので、強引と知りつつもコメントさせていただいた次第。ステージ衣装などが思いっきり80年代してますなあ、今見ると。

投稿: サプライズ為 | 2006/07/17 15:45

おおっ、Yes.
私は80年代のOwner of the lonely heartsなんかが懐かしいです。為さん、こういうのも聞くのね。

投稿: ガメラ | 2006/07/17 19:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プログレロックの使い方:

« ブログはじめました | トップページ | ブラック・ミュージック »